上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
large-902
初めて見る風景の中、キンクロハジロ 。。。


北海道の旅で、一番、心に残る場所だったカモ知れません… 軽くショック。
有珠山、洞爺湖のこと 何も知りませんでした… 知らなさ過ぎました。

5/4(土)、想像も追いつかず、少し混乱する日になりました。


道の駅・みたら室蘭にて起床、洞爺湖方面へ向かいます。

昭和新山!が 見たい!ww
子供の頃に好きだった「学習まんが・地球のふしぎ」にね、出てくるんやが…
「俺は昭和新山だ、出来たてホヤホヤなんだぞ!」って、話すのよ。(笑)
何かね? イキって話す山のキャラクターが 自分的にツボでね、笑えるのww

旦那どんの立てた、行き先予定には 無かったが…、
まぁ、途中から予定変更にもなってるしね、そんなワケで、向かうコトに

photo-2166

長和町から 国道453号線、有珠国道。
左に有珠山頂… 右に昭和新山? チラッと 道央自動車道かな? いよいよですww



photo-2167

特別天然記念物 「昭和新山」。
この場所、元々は麦畑だったそうです…
昭和18年12月末に激しい地震が始まり、翌19年4月頃までに 50m隆起した。
昭和19年6月に噴火、7個の噴火口を作り… 4ヶ月もの間、爆発を繰り返します…
隆起は続き… 標高300mの屋根山を作り、11月には 噴火口群の中央部分から、
固まった溶岩が押し上がり始め… 翌20年9月 407mに達し ようやく活動を休止。

今なお、モクモクと噴気上げる姿を 間近に感じる。

・・・・・・・・・・・・

photo-2168

さて次は、有珠山・外輪部へ。
ロープウェイで、ひょひょいと 行けちゃいます。 

上から見る 昭和新山、見るからに 不思議さが増しますねぇ~
形成の段階も 何となく?ワカってww 興味深いです。

photo-2169

・・・

photo-2170

「有珠山」、、、大有珠・標高733m、活火山。
2万年くらい前、洞爺カルデラの南側で噴火が繰り返され 誕生する。
元は、富士山のような成層火山だったが7~8千年前に山体崩壊し、休止する…
江戸時代に 眠りから覚め、活動再開… 平成12年の噴火も含め、9回を記録。

1977年の有珠山噴火以来、立ち入り禁止となっていたエリアが、
2004年に 外輪山遊歩道が完成、立ち入り可能となりました… と、なってたが…
崩落のため、通行止め! うぅぅ、残念でしたぁ また来ましょうねぇ。 

と、再び… 登り来ることを 思い、山を下りる。(笑)

・・・・・・・・・・・・

…山麓駅に戻り、火山村学習施設を見学する。
そこからさらに 勉強したくなり、火山科学館に 向かう。

噴火体感や、有珠山噴火映像を見て行くうちに…
それまで 知らなかった、洞爺に暮らす人と有珠山の関係に触れる。
身の震う感覚にどうしようもない感情になる、何て凄まじい暮らしなのよ!?
でも 有珠山はウソをつかない山なんだよと… 噴火する事もね、教えてくれるから…
恵みをもたらす山と、上手に付き合っていく「共生」の道を 選んでいます… と。
それでも、決まった場所が噴火するワケでは無い… コワイよね…

とても、衝撃的でした。

・・・・・・・・・・・・

…西麓・西山火口群散策路に、向かう。
ここは、2000年(平成12年)に噴火した爪痕を 保存してあります。

photo-2171
西新山沼、、、 元国道230号線。
2000年の噴火で 新山が誕生、 マグマにより地面が押し上げられた…
谷沿いの下り坂だった場所を 遮断した為、融雪水や地下水が溜まり… 沼となる。

photo-2172
地溝、、、旧町道、約75mも隆起した為、谷間の下り坂は 上り坂に変わる。

photo-2173
地熱帯。

photo-2174
火口列、、、数個の新しい火口が直線上に、東西へ 伸びる。

photo-2175
お菓子の工場、、、2000年 噴火の際、道路上に火口が開く。

・・・

温泉街も近く、観光地、人の多く住む場所にもかかわらず、1人の犠牲者も無かった。
今までの経験、知識、噴火予測に従っての避難… 住民、個人個人の強い意識を感じた。

…でも、自分の想像が 追いつきませんでした。


※ 2009年8月「洞爺湖有珠山ジオパーク」として、世界ジオパークに認定。



チラッと、雨が パラついた… 西山火口群散策路を 後にする。
洞爺湖を グルッと一周、ドライブ… 日が暮れた。

photo-2176
洞爺湖・中島。


いよいよ 北海道、次は 最終回! 〆しめww 
つづく。。。




・ 洞爺湖ビジターセンターHP  http://www.toyako-vc.jp/
・ 有珠山ロープウェイHP http://www.wakasaresort.com/usuzan/index.php


コメント - 2

三パパ  2013, 06. 17 (Mon) 08:15

火山列島日本を知らしめてくれる保存物。
自然のすごさが伝わってきますね。

冒頭の写真、相変わらず静かな画を撮られますね~
素晴らしいです。

編集 | 返信 |  

tanu  2013, 06. 19 (Wed) 20:41

6/19、雨、たくさん降ってます。。。


e-125三パパさんへ
はい、火山列島! その凄さを間近に感じ… 貴重な感覚を得ました。
あらためて、自然災害が起きる事は普通、それに対しての心構えは必要だなと… でも厳しい。
人は、小さく弱いです、でも強く気丈に生きて行きたいと 考えさせられました。(`・ω・´)i-189

編集 | 返信 |  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。